子そだて

妊婦さんの国民年金免除?みんな知ってた?2019年からの新制度‼

妊婦さんに朗報

妊婦さんにうれしいお知らせが!

2019年4月からの新制度!

でも、これって申請しないといけないんです💦

なので、今妊婦さんで国民年金を納めている方はぜひぜひ申請してくださいね✨

元気な赤ちゃんのためにたっぷりの栄養を【ALOBABY葉酸サプリ】

99%以上天然由来【アロベビー国産オーガニックUV&アウトドアミスト】

国民年金免除できるの?

申請しないと免除されないのと、全然周知されていない感満載ですが、もしあなたが国民年金保険料を納付していて現在妊娠されているのであれば、手続することをおすすめします。

国民年金免除申請の手続き場所は?

あなたがお住いの市区町村役所の国民年金窓口です。

基本的には来庁しての申請となりますので、事前に窓口に電話し、必要なものなどを確認してから来庁するのがいいと思います!

コチラに詳しく記載しています

国民年金保険料が免除される制度は2019年4月から開始。期間は、出産予定日、または出産日の前月から4カ月間(多胎妊娠の場合は、3カ月前から6カ月間)だ。

対象は、自営業者や学生など「国民年金第1号被保険者」であり、出産日が2月1日以降の女性です。死産、流産、早産された人も適用される

さらに、世帯の所得は関係ないだけでなく、その期間に自身が働いていてもいなくても対象となる。

人によって免除期間が違う

ただし、4月から制度が開始したことから免除期間は以下のように。

<2月に出産=4月の1カ月分、3月に出産=4、5月の2カ月分、4月に出産=4、5、6月の3カ月分、5月以降に出産=4カ月分>

19年度の月々の国民年金保険料は1万6410円。そのため、最大で6万5640円を納付したものとして扱われることになる。

ただ、気をつけなければならない点がある。制度は自動で免除されるのではなく、住民登録をしている市町村の国民年金担当窓口に必要書類とともに申請が必要だ。

出産予定日の6カ月前から提出可能で、出産後でも申請することができる。

出産後の申請で、保険料をすでに納付している場合でも、適用期間の保険料は還付される。



 

会社員が知っておくべき制度

もう一つ、会社員が知っておきたい制度がある。

出産前後に産前産後休業(産休)を取得した場合、健康保険と厚生年金保険の保険料が免除される制度が、2014年度から始まっている。休業中の産前42日(多胎妊娠の場合は98日)、産後56日が対象期間だ。

また、満3歳未満の子どもを養育するための育児休業を取った場合にも同様に保険料が免除される。

ただし、こちらも申請が必要。休業期間中に、事業主が年金事務所に届け出なければいけない。

引用元:BuzzFeed Japan

おわりに

こういう免除系に関しては母子手帳を取得の際、当てはまる人には自動で処理ができるようになったいいのに。と思う筆者でした。

いずれにしても、申請しないと免除されないので当てはまる方は面倒かもしれないですが窓口で相談してくださいね!


ABOUT ME
ひちゅじ
はじめまして。 ひちゅじと申します(*‘∀‘) ずぼらで適当なフルタイムワーママの日常などを綴っていきます。 ずぼらでいける生活術も!