ケア

インフルエンザの潜伏期間は?治療薬(抗インフルエンザ薬)や症状をまとめました。

そろそろインフルエンザが猛威をふるう季節になってきますね

【インフルエンザ】とはインフルエンザウイルスによって引き起こされる呼吸器感染症です。

例年、12月から3月にかけて流行しています。インフルエンザの症状は

  • 高熱(38~40℃くらい)
  • 寒気
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 頭痛
  • 全身倦怠感

などが特徴となります。

インフルエンザの潜伏期間は?

  •  潜伏期間の目安
    感染してから発症するまでの期間は、1~3日です。 非常に短く、感染力も強いのが特徴です。
  • 潜伏期間での感染力
    一般的にインフルエンザが感染するのは、発症する前の日から他の人たちに感染させる能力があると言われています。
  • インフルエンザの前駆症状
    身体がだるくなる・強い悪寒・鼻腔やのどが乾燥するといった症状があります。一見、風邪の時とよく似ていますが、風邪の時とは違い、かなりのスピードで高熱や筋肉痛、全身倦怠感、頭痛などの症状がでてきます。

インフルエンザがうつるタイミングは?

インフルエンザの感染経路は

  1. 飛沫(ひまつ)感染
  2. 接触感染

によりうつってしまう可能性があります。

飛沫感染とは

飛沫感染とは感染した人の咳やくしゃみやその人と会話などでをすることで、飛んできた飛沫(小粒子)に含まれている菌やウイルスを鼻や口から吸いこむことで感染することです。

一般的に1回のくしゃみより咳のほうが菌・ウイルス量が多いです。

接触感染とは

接触感染とは感染した人が咳や鼻水を手でおさえたり、ぬぐったりした後にそのまま手を洗わずにドアやテーブル・椅子などを触ったら、その場所にウイルスを含んだ飛沫がついてしまうことがあります。

その場所に他の人の手や体が触れてそのまま口に触れることで粘膜などを通してウイルスが体に入り感染してしまうことです。

インフルエンザが感染する期間は?

インフルエンザにかかってしまうと飛沫感染や接触感染により感染してしまうため、発症したことが医療機関で確認されると学校や幼稚園・保育園・こども園などでは出席停止期間が定められています。

現在、学校保健安全法(昭和33年法律第56号)で

「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日

(幼児にあっては、3日)を経過するまで」を

インフルエンザによる出席停止期間としています

(ただし、病状により学校医その他の医師において

感染のおそれがないと認めたときは、この限りではありません)。

出典:厚生労働省

 

また、社会人でも各会社によって出勤停止を求められる可能性もあります。

感染してしまったら…

インフルエンザに感染してしまったら感染力がかなり強いので、できるだけ他の人に感染させないように気をつけたいですね。

また、インフルエンザウイルスは発症する1日前くらいから感染する可能性があります。

感染してから1~3日で発症するので、感染したと当日から他の人にも感染させてしまう。ということになりますね。

「感染したかもしれない?」と思ったときには、すでに他の人にもうつってしまう可能性があるので普段から予防をこころがけていないと、あっという間に家族間や学校・職場で広がってしまいます。

 

インフルエンザと診断されるのは?診察のタイミングは?

インフルエンザの診断は迅速診断キットによる検査の場合、発症後12~24時間程度 経過した後でないと確認ができません。

インフルエンザに発症して12時間後には身体の中のウイルスが検査しても確認できるほどに増殖しています。

48時間以内に抗インフルエンザ薬の内服が理想となりますので、症状が強くでてから12~24時間の間に検査・診察を受けるのが望ましいです。

迅速診断キットの検査方法

一番一般的な迅速診断キットによる検査は内科などの医療機関には流行時期には常備してあることが多いです。

細い綿棒のようなものを使用し、のどの奥や鼻の奥の粘膜や組織・分泌物を採取して、専用の反応液に混ぜ陽性か陰性かの判定を行います。

検査時間は10~15分ほどとなっており、すぐに診断が出て、行いやすい検査です。

インフルエンザの治療薬一覧

検査でインフルエンザが確定したら抗インフルエンザウイルス薬が処方されます。

抗インフルエンザウイルス薬にはウイルスの増殖を抑えたり、症状を軽減したりする効果があります。

一般的な抗インフルエンザ薬一覧

  • タミフル(経口タイプ)
  • リレンザ(吸入タイプ)
  • イナビル(吸入タイプ)
  • ラピアクタ(点滴タイプ)
  • ゾフルーザ(経口タイプ)

などの処方薬があります。

処方の内容は医師の診断の元で行われるので、医師の指示に従ってください。

今年流行のインフルエンザは??何型?

今シーズンのインフルエンザは

9月ごろから徐々に感染が広がっています。

2018年秋から流行っているのは主にA型だとのことです。

インフルエンザA型の症状の特徴は、次のとおりです。

  • 高熱(38~40℃くらい)
  • 寒気
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 頭痛
  • 全身倦怠感など

これらの症状が急速に現れます。

また、小さなお子様や高齢者の方は重症化する恐れも高くなるので、気になる症状が出たらすぐに医療機関を受診してください。

2019年は何型が流行するのでしょうか。

いずれにしても予防や体力が落ちないように普段から気をつけてくださいね。

まとめ

インフルエンザについて基本的な情報をまとめました。

インフルエンザは感染力が高いうえに潜伏期間が短く、あっという間に広がってしまいます。

手洗い・うがいや外出時のマスク着用で予防してくださいね。

ABOUT ME
ひちゅじ
はじめまして。 ひちゅじと申します(*‘∀‘) ずぼらで適当なフルタイムワーママの日常などを綴っていきます。 ずぼらでいける生活術も!